イカ瓶目的材.png

業界の常識をくつがえす発想から生まれた技術(複数の特許を認証済)

フリーブレンド工法

®

プラスチック原料をベースレジンとして、目的材を80%まで配合する事が出来る技術

「フリーブレンド工法」は、様々な素材を目的材として活用することが可能です。
「世界中のどこにもない、こんな素材がほしい」
「よそでは断られたが、できるだろうか」
そんな、お客様の望む新しい素材を、当社のフリーブレンド工法で実現しませんか。

従来の原料配合(ペレット)との違い

従来の原料工程.png

​メリット

①ペレットにする必要がないため、量に関係なく配合が可能。

②お客様の目的に合わせた配合検討を社内で実施可能。

③原料メーカーのグレードは、ペレット加工の可否が優先されるが、フリーブレンドの場合は、無限の配合組合せが可能。

④原料パウダーをベースレジンとして利用する事で、異素材の配合ボリュームをUPできる。

⑤各原料メーカーからのパウダー原料購入ルートがあり、原料種は豊富に組合わせる事ができる。

⑥工程を削減した事で、開発スピードは極端にUPする事ができる。

ペレット原料を使わずにパウダーからの配合を実現

スクリーンショット 2021-12-28 8.17.35.png

一般的なプラスチック製造とは違い、プラスチック原料と呼ばれるペレット状態にはしません。

つまり、プラスチックの元原料(パウダー状)に廃棄物(紙・布・食品)を50%以上のボリュームで配合し、そのままダイレクトに成形することができます。

フリーブレンド工法による発想の逆転

スクリーンショット 2021-12-28 9.57.17.png

従来のプラスチック原料(ペレット)の考え方はシーズ的発想から成り立っており、原料メーカーが販売する

ペレットを購入し、射出成形品として流通する工程がスタンダードとされて来ました。

フリーブレンド工法は、何を作りたいかのニーズ的発想から原料配合を企画配合設計することから始まります。